スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財政再建、調整難航も…公約「消費税」明記焦点(読売新聞)

 民主党代表に選出された菅副総理・財務相は、財務相就任後、44・3兆円と過去最大にまで膨らんだ国債発行額の抑制を目指す財政再建を政策の柱として打ち出している。

 代表就任により、民主党が最終調整している参院選公約に消費税の増税が明記される可能性が高まるが、小沢幹事長を中心に増税に否定的な議員が多く、党内調整が難航する可能性もある。

 「リーマン・ショックで税収が大きく下がり、無駄の削減は思ったほどのスピードで実現できなかった」

 菅氏は3日夜の記者会見で、政策の財源は行政の無駄削減で確保できるとした衆院選政権公約(マニフェスト)の見通しが甘かったことを認めた。

 その上で、国債発行額の増大については、「無限に借金が増えるような方向性を正していけると思っている」と述べたことで、党内では「首相として、消費税を含む歳入改革に取り組む意欲を示した」(中堅)という受け止めが広がっている。

 菅氏は元々、消費税増税に積極的なわけではなかったが、今年1月の財務相就任後、「ギリシャの財政危機への対応などで国際会議に出席するなど、実務経験を積む中で、財政再建や消費税への理解を深めた」(財務省幹部)とされる。

 2月には「消費税論議は2011年度以降」としていた考えを事実上、軌道修正し、論議を前倒しすることを表明。5月に11年度の新規国債発行額を「44・3兆円」以下に抑え込む考えを打ち出した。国債発行を抑制すれば、子ども手当などマニフェストに掲げた政策をすべて実施するのは困難で、党内では選挙を控える参院側を中心に反発を招いた。

 元々、財政再建派には仙谷国家戦略相や玄葉光一郎衆院財務金融委員長など、小沢氏と距離を置く議員が多く、今回の代表選での菅氏支持層とも重なっている。

 これに対し、小沢氏は「第一に取り組むのは、無駄をやめる決断」との立場で、財政再建をめぐる考えの違いは「親小沢」対「反小沢」の党内対立につながるという見方もある。

 民主党は参院選公約を週明けに最終決定する方針だ。参院選に向け、党内融和を優先して増税論を封印するか、マニフェストを修正して増税方針を示すか、難しい判断を迫られることになりそうだ。

<岡田外相>思いやり予算で再生エネルギー(毎日新聞)
<民主代表選>樽床氏と菅氏が立候補届け出(毎日新聞)
「続投ですか」に親指立てて笑顔の鳩山首相(産経新聞)
衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
法人税、来年度5%下げに意欲 エコポイント延長は慎重、直嶋経産相(産経新聞)
スポンサーサイト

元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)による調査捕鯨船妨害事件で、傷害や威力業務妨害などの罪に問われたSSの小型高速船元船長でニュージーランド国籍のピーター・ベスーン被告(45)の初公判が27日、東京地裁(多和田隆史裁判長)であった。ベスーン被告は、酪酸入りの瓶で船員にけがを負わせたとされる傷害罪について、「いかなる人も傷つける意図はなかった」と否認した。
 ほかの四つの罪については起訴内容を認めた上で、威力業務妨害罪について「背景にはいろいろな事情があり、これからの審理で明らかにしたい」と述べた。
 ベスーン被告は2月15日に南極海を航行していた日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入。3月12日に同船が東京港に入港した際に逮捕された。
 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日、第2昭南丸に向けて酪酸入りのガラス瓶を発射。酪酸を飛散させて甲板上にいた乗組員に軽傷を負わせ、同船の業務を妨害したなどとされる。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
児童殺害予告で28歳男を逮捕=「防災無線うるさい」
爆発物騒ぎで、男を逮捕=ハローワークに包み置く
逮捕されても戦い続く=マグロ密漁妨害で出港へ

生安課巡査長が中3女子にわいせつ行為(産経新聞)
経産省、5事業を廃止=省庁版仕分け2日目(時事通信)
「辺野古」対処方針に明記せず?連立に配慮(読売新聞)
<環境保護>日本の子どもは意識低い エアバス社の調査(毎日新聞)
明石市職員を逮捕=電車内で痴漢容疑―兵庫県警(時事通信)

<淀川女性遺体>宇野さんの養父?自殺 京都・舞鶴の路上(毎日新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面で先月29日、宇野津由子さん(当時36歳)=大阪府豊能町=の遺体が見つかった事件で、宇野さんの養父(39)=同町=とみられる男性が京都府舞鶴市白杉の路上に止めた車内で死亡しているのが18日未明、見つかった。捜査関係者によると、車内に練炭があり、自殺とみられる。

【関連ニュース】
<事件の一報>死体遺棄:ビニール袋に女性遺体…淀川岸 大阪・高槻
<関連記事>大阪・高槻のポリ袋遺体:「派遣、使い捨て」 被害女性実父、苦渋
<関連記事>淀川女性遺体:「息子引き取りたい」職求め全国転々
<関連記事>淀川女性遺体:養父母とトラブル 死亡直前、実父に相談
<関連記事>淀川女性遺体:養父母宅に睡眠薬 被害者から検出と同成分

譲れない線はどこなのか―特養・個室ユニットの行方(4)(医療介護CBニュース)
三島由紀夫賞 東浩紀さん「クォンタム・ファミリーズ」に(毎日新聞)
人気の美容皮膚医療 リスク含め医師と相談を(産経新聞)
<憲法改正>国民投票法施行で記念集会 野党の30人出席(毎日新聞)
<中部国際空港>プラグインハイブリッド車を国内空港で初導入(毎日新聞)

水漏れで高浜原発4号機が発電停止 関西電力(産経新聞)

 関西電力は12日、調整運転中の高浜原発4号機(福井県高浜町)で、発電機の冷却に使う水素ガスの冷却器4台のうち、1台で水漏れが見つかり、点検と補修のため発電を停止したと発表した。水に放射性物質は含まれていない。

 関電によると、同日午前、冷却器に冷却水を送る配管の弁の継ぎ手から1秒に3滴程度、水が漏れているのが見つかった。修理には4台すべての給水を止める必要があり、発電を停止した。

【関連記事】
MOX2回目製造開始 関電、高浜原発で使用 福井
原発新時代“現場魂”再び
関電新社長の八木氏 原子力重視の経営にシフト
広がるプルサーマル発電 四国電力も稼働へ
福井・高浜原発2号機で放射性ガス漏れ
少子化を止めろ!

<毎日動画アワード>大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)
改革クラブ離党の大江氏、幸福実現党入り(産経新聞)
闇サイトから偽保険証、郵便局から貸付金詐取(読売新聞)
スノボで大けがを負わせた男性に無罪判決(産経新聞)
スノボで大けがを負わせた男性に無罪判決(産経新聞)

総合出版社のリストラ内幕 時々刻々「ドキュメンタリー」暴露(J-CASTニュース)

 出版社社員と名乗る45歳男性が、自分が勤める会社のリストラ・早期退職に関する内容をドキュメンタリータッチでブログに書き、話題になっている。2010年5月末に早期退職するまで書き続ける、と宣言、社内の混乱やリストラ後の給与などを克明に記述している。

 ただ、内容が本当なら、内部情報を漏洩したとして、社内処分が出てもおかしくない。

■社員120人のうちの50人を早期退職

 問題のブログは「はてなダイアリー」で2010年3月29日に始まった「たぬきちの『リストラなう』日記」。筆者が勤めているのは業界の売り上げ順位10位くらいの総合出版社だという。勤続20年、編集、宣伝、販売などの部門を経験した。3月中旬に会社が「このままでは立ちゆかないので、社員を減らします。優遇措置を設けたので希望退職を募ります」と宣言、リストラが始まった。以降の会社の対応や自分の心境を、4月21日までに19回綴っている。

 出版社は3月中旬にリストラ策を発表。項目の一つに早期退職社募集があった。対象になったのは50代以上と、営業・管理の40代以上で、社員数120人のうちの50人。早期退職に応じた場合、退職金が上乗せされるが、社に残った場合、過酷な給料カットが待っているという仕組みだ。

■面接者に向かい「お前が辞めろ!」と怒鳴る

 ここでは09年6月に基本給5%カットがあったばかりなのに、40歳以上が15%カット、40歳未満は10%カットされる。そのほか諸々の手当も無くなる。「たぬきち氏」の09年度の年収は1169万7471円だった。仮に早期退職しなければ「だいたい840万くらいに下がる」と計算している。

 色々悩んだあげくに早期退職を決意したのだが、決め手は給与の減額ではなかった。出版社が経営的にピンチに追い込まれていることだけでなく、電子化の流れについて行っていない、など将来性がないと踏んだからだ。

 早期退職の募集を開始してから社内には殺伐としたムードが流れた。「辞めさせる五十名のリストがある」「あいつは載ってる。ガチだ」などの噂が出て、自分の未来を考えるより、デマについて語る時間が長くなる。ある人は早期退職を担当する面接官に「このまま残られても、今と同じポジションで残れるかはわかりません」と言われ、面談の中でキレ、面接者に向かい「お前が辞めろ!」と怒鳴りつけた。早期退職が決まったのは39人。定員に満たず、そのため対象者を「編集部門の四十歳以上も含む」に広げるらしい、と書いている。

■「 退職金を取り上げられるとかあるかもしれない」

 出版社のリストラの内幕を「完全暴露」しているわけだが、退職が決まったからといって社内情報を公開するのはどうなのか。実は、たぬきち氏も心配していて、このブログの存在が知られれば「クビだっ!とかなるんじゃなかろうか」「こっぴどく叱られるかもしれない。退職金を取り上げられるとかあるかもしれない」と書いている。

 それでもなぜ書き続けるかと言えば、勤める出版社は情報公開をしない体質だからだという。今回のリストラも業界紙に小さく記事が載っただけ。

  「こんなこと始めちゃった僕にはもはや、外部の人に対する説明責任があると考えたからだ」

と書き続ける理由を説明している。

 このブログについて、ネットでは「出版業界の置かれている状況がよくわかる」「たぬきち氏の勇気ある発言に心奪われる」などと評価が高い。たぬきち氏が勤務する会社だとネットで名指しされている出版社に、処分はあるのかどうか聞いてみたところ、広報室から、

  「(わが社の)社員であるともないともお答えできない」

との回答が返ってきた。


■関連記事
「末期がんで余命1年」は嘘 闘病ブログ炎上、記事削除 : 2010/04/13
グラビアアイドル襲おうとした?  オリラジ藤森ブログで噂を完全否定 : 2010/04/09
「AKB48」メンバーブログが「炎上」 テレビ番組巡りコメント1万 : 2010/03/25
紳助お気に入りのタレント並べて手垢まみれの企画 鬱陶しい! : 2010/04/20
ツイッターは最強の「婚活ツール」となるか? : 2010/04/16

日大の内部情報がネット流出 職員の住所録など1万3千人以上(産経新聞)
東京、近畿の水俣病訴訟も和解へ(時事通信)
神戸ポートタワー LEDでライトアップ(産経新聞)
沖縄県知事、県民大会に出席 知事選にらみ苦渋の選択(産経新聞)
道路法案、臨時国会に先送りも=民主幹部が言及(時事通信)
プロフィール

ミセスよしこ

Author:ミセスよしこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。